オンラインショップ

【新人高倉がご紹介!】レプレカラーの特徴

  • 2021.08.27



こんにちは

ボヤージュグリーン担当高倉です!

昨日あぶちゃんさんがInstagramに私の紹介キャッチフレーズを上げてくれました。

『メンズの達人』:高倉

個人的にめちゃくちゃ嬉しいです😆

これからどんどん男性のお客様も女性のお客様も増えるよう頑張りたいと思います!!

何かいいキャッチフレーズあったらどしどし募集中です!笑

 

今日は昨日に引き続きレプレカラージェルのお話です!

 

皆さん、日々カラーリングを重ねていると

 

髪がキシんだり、パサパサしたり、櫛通りが...

そんなご経験ありませんか?

 

髪はとても繊細で、紫外線ダメージで色が抜けたりもします。

 

 

よくお客様からお聞きするのが、

『髪色がキンキンになるのが嫌なんです。』

『赤く抜けるのが気になります。』

『白髪がすぐに目立つんです。』

三拍子のように同じお悩みをすごく耳にします。

なのでこまめにカラーをされる方が多いはずです。

 

そんなこまめにカラーをされる方の中で、

『カラーをすると頭皮が染みるのよねぇ。』

とお聞きすることがあります。

 

カラーで頭皮がしみたり、被れたりする方が稀にいらっしゃるんです。

 

過度に滲みたり、被れたりする方にはカラーアレルギーの方がいらっしゃいます。

『ジアミンアレルギー』

知っている方は耳にしたことがある言葉かもしれませんが、ジアミンアレルギーとは酸化染料によって起こるアレルギーです。

コチラは詳しく説明していると読み疲れてしまうので

また今度説明したいと思います。

 

シャンプーをしてからご来店される方もいらっしゃいますが、一度シャンプーをすると頭皮の皮脂膜が流れて、滲みてしまう方もいらっしゃいます。

※これはアレルギーではありませんのでご注意を!!

 

そして白髪染めをされる方は特に、髪のパサつき、

手触り、櫛通りが悪い経験はございませんか?

 

そのダメージの原因はアルカリ剤なのです。

 

髪の毛を輪切りにすると大きく分けて3層に分かれていて、海苔巻きに例えると海苔の部分をキューティクルと言います。

表面が魚の鱗状に重なっています。

 

アルカリ剤は、このキューティクルの部分が剥がれないよう接着剤的の役割をしているCMCとゆう成分を溶かしてしまいます。

 

すると髪の毛が毛羽だったり、パサついたり、

枝毛が出来て櫛通りが悪くなったりします。

 

髪のダメージを極力抑えて染めることが出来るのが、

『ノンジアミン・ノンアルカリ』のレプレカラージェルなのです。

 

白髪染めを繰り返し、毛先にかけて色の褪色・パサつきが気になる方、ブリーチ毛など最初は綺麗に入ってもなかなか色もちが悪い方は、お待ちのシャンプーやトリートメントにレプレカラージェルを3滴ほど垂らして、3日に1度ペースで使用すると色もちが良くなります。

 

お店の施術だと、レプレカラージェル(ブラウン)原液を中間から毛先に塗布するとこのように滑らかなカラーに仕上がります。

 

 

艶々でとても綺麗ですね!✨✨✨

 

ご自宅に帰っても、ヘアカラーを長持ちさせたい方、

髪を健やかに綺麗に保つ秘訣として、

ぜひ気になった方は使ってみてください😊

 

・レプレジェルカラーの詳細はこちら/ご購入はこちら

INSTAGRAM