オンラインショップ

スペック。

  • 2021.09.04

おはよう御座います。

ボヤージュコスメの安藤です。

今日はパーマ剤のスペックについてのお話です。

ボヤージュコスメのパーマ剤は微アルカリ、高還元もしくは、ノンアルカリ、高還元にできています。

理由としては、ダメージの原因アルカリを減らしてその分還元剤の量を増やしたかったからです。

もしくは、種類を増やして複合還元にしてるのが今の商品です。

色々と問い合わせいただきますが、パーマ剤はpH.アルカリ度、還元剤の種類、濃度がわかっていたら問題なく使えると思います。

多くの美容師さんは、還元剤がはいっていればいい。

と思うかもしれませんが、1パーと7パーでは強さは全然違います。

ここでも、どれくらいなら濃いのかという基準を設けて見ていくと上手になれるとおもいます。

exには7パーセント、システアミンが入っています。

これは正しく濃いと言えると思います。

調整する時、濃いものは薄められます、そう考えると使いやすいと思いませんか?

パーマ液の強さの基準を示す時に大事になってきますので参考にして下さいね!

なるべくアルカリが少なく還元力の高いものを選びましょう。

 

 

ありがとうございました。

 

INSTAGRAM