オンラインショップ

レブリン酸濃度。

  • 2021.09.05

おはよう御座います。

ボヤージュコスメ開発担当の安藤です。

今回はレブリン酸の濃度について説明します。

弊社の商品でLGアシッドというものがあります。酸熱トリートメントで使う商品で、矯正の既先部などにも使用します。

なので、席である程度時間を置く様に作ってあるのでレブリン酸の濃度はそこまで高く無いです。

薄くはなく、そこそこ入ってます。

それに比べて09レブケラトリートメントは、シャンプー台で短時間で効かせるように作ってあるのでレブリン酸の濃度はめちゃ高いです。

LGの4倍くらいです。

原価もめちゃ高いです。笑

代用できないか?との質問もいただきましたが、全く同じにはなりませんが、09をトリートメントで4倍薄めたら似たようになるとおもいます。

濃く入れてる理由としては、短時間で効かせるためです。

時間を15分ほど置けるのならそこまで濃くなくても効いてくれると思います。

何故この様な濃度の違いを作ったか書いてみました。

ありがとうございます😊。

 

・アンリミットLGアシッドの詳細はこちら/ご購入はこちら

・酸熱髪質改善工程表のウェブカタログはこちら

(トップページ→サポート→ウェブカタログ→Vol.79「酸熱髪質改善工程表」)

・20%OFFのお得な6本セットはこちら(ネットショップ限定)

・クオレ09レブケラトリートメントの詳細はこちら/ご購入はこちら

INSTAGRAM