オンラインショップ

【高倉慈歩】ちょこっと実験してみました!!パーマの実験👩🏼‍🔬

  • 2022.02.11

【ちょこっと実験してみました!!パーマの実験👩🏼‍🔬】

 

こんにちは!ボヤージュコスメティックスの高倉です😊

 

今回はパーマの実験をしてみました!

 

ボヤージュで主に使う薬剤の実験です。

全て10分放置:2剤過水

1剤最初に5分間蒸しタオルで温めております。

薬が優しいのでしっかりかけたい方はタオルで温めたり、スチームを当てるのがオススメです。

特に、チオを混ぜる場合(スパイスA)は少し

温めてあげることにより、薬剤が働きやすくなります。

働きやすい温度にしてあげることで効果を最大限に活用できます。

※ただ、やりすぎると薬剤暴走を起こしますので5分でチェックすることをオススメします。 

私はラップの上から蒸しタオルを乗せて最初の5分間だけ温めています。

 

まずはロジュエカールです。

こちらは微アルカリ化粧品登録薬剤です。

アルカリ度:0.4

還元剤チオグリコール酸(2%)

システアミン(3.5%)

シス(2%)

総還元値:8

pH:7.2

 

です。

 

こちらを

①ノーマル単品

②スパイスA:5%添加

③スパイスA:10%添加

④スパイスA:15%添加

 

※全て同じ巻き方、回転数で巻いております。

 

 

だんだん下に行くにつれて触り心地と、

立地が若干強くなっています。

触るとよりプリっとかんがあります。

しかしながら20%混ぜることは私はしません。

印象的にはクリっとかかるより、ストンと

落ちる感じにかかるイメージがあるので、

スパイラルやツイストパーマの方に対して

やってみた仕上がりを今度載せたいなと思います。

スパイスAだけでなく、スピエラを混ぜるとさらに

変わると思います。

 

次は化粧品登録のアンリミットカール

アルカリ度:0

還元剤:システアミン(4.5%)

総還元値:5

pH:6.8

 

カール単品の力を見たくて試してみました。

 

では実験です。

アンリミットカール単品蒸しタオル あり/なし

①あり

②なし

温めるとかなり違いますよね?

 

続いて以前質問をいただいていたセシルカール

ちなみに私はほとんど使いません。

チオ、シス、チオ乳酸高配合の低アルカリ高還元薬剤です。

 

アルカリ度:0.8

還元剤:チオ乳酸・システイン

総還元値:7

pH:7.2

 

こちらはスパイスAをあり/なしで見ます。

※タオル加温ありです。

ちなみにスパイスAは10%添加

 

①あり

②なし

こちらもかなり変わります。

チオを入れた方が強いのはそうなのですが、

個人的に硬毛・太毛の方にはあまりかかりません。

やはり、S2にアタックすることと、

プリっと感を求めるのにはアンリミットカールも

混ぜるのがオススメです!

次のブログでどちらも混ぜて、硬毛・太毛に

アタックした写真を載せます✌🏻

 

軟毛の方やs1に働かせたい場合は

セシル単品オススメです!

 

ちなみにスパイスA単品で巻いてみました。

チェックした時はクリンクリンだったんですけど

全て終えてみたらすごくだれました。

これが過還元なんですかね?

どんな髪に使用するか、どのようにアタックするか

もっと勉強して、お伝えできればと思います。

ウィッグで実感したので正確ではない部分も

あると思うので、ちゃんとした人毛で

実感したいと思います。

以上高倉実験室でした👩🏼‍🔬

まだまだ未熟なのでお手柔らかに💖

 

よかったらInstagramのフォローも

よろしくお願いします。

高倉慈歩Instagram🦋 

 

◆ロジュエカール1000gの詳細はこちら/ご購入はこちら

↳お得な3本セット20%OFF はこちら(ネットショップ限定)

◆アンリミットスパイスA500mlの詳細はこちら/ご購入はこちら

↳お得な3本セット20%OFF はこちら(ネットショップ限定)

======================

 

お買い求めの方はオンラインショップから♪

ご購入をご希望の方で新規会員登録がお済でない方は、ご登録をお願い致します。

新規会員登録方法が分からない方は下記、ブログでお確かめください。

【サロン様向け】オフィシャルショップ新規会員登録方法ブログはこちら

【一般の方向け】オフィシャルショップ新規会員登録方法ブログはこちら

 

 

 

INSTAGRAM